代表パートナー

久保利 英明Hideaki Kubori

◆ 主な取扱分野

◆ 経歴

1963年私立開成高等学校卒業
1967年司法試験合格(東京大学法学部4年在学中)
1968年東京大学法学部卒業
1968年4月~9月ヨーロッパ・アフリカ・アジア歴訪
1989年度第二東京弁護士会副会長(任期1年)
1993/1995
1997/1999年度
東京大学大学院法学政治学研究科非常勤講師(商法特別研究ゼミ)
1997年日弁連研修委員長(任期1年)
1998年4月日比谷パーク法律事務所開設
2001年度第二東京弁護士会会長(任期1年)、日本弁護士連合会副会長(任期1年)
2004~2015年大宮法科大学院大学教授
2015年~桐蔭法科大学院教授

◆ 委員・社外役員等

  • コインチェック㈱ 社外取締役(2018年~)
  • 日本取引所自主規制法人 アドバイザリー・コミッティー委員(2017年~)
  • ソースネクスト㈱ 社外取締役(2014年~)
  • ㈱日本取引所グループ 社外取締役(2013年~)
  • ㈱東京証券取引所グループ 社外取締役(2011年6月~2012年12月)
  • 東京証券取引所自主規制法人(現 日本取引所自主規制法人)外部理事(2011年6月~2017年6月)
  • 農林中央金庫 経営管理委員(2008年~)
  • 金融庁総合政策局参事(法令等遵守調査室顧問)(2006年~)
  • 日本銀行 金融取引等審査会委員(2006年~)
  • ㈱ニッポン放送 社外取締役(2004年6月~2005年3月)
  • ソースネクスト㈱ 社外監査役(2003年~2014年)
  • 知的財産戦略本部 本部員(2003年3月~2007年3月)
  • 金融庁顧問・金融問題タスクフォースメンバー(2002年12月~2005年5月)
  • 野村ホールディングス㈱/野村證券㈱社外取締役(2001年10月~2011年6月)
  • 日本債券信用銀行(2001年1月 あおぞら銀行に社名変更)社外監査役(2000年9月~2003年6月)
  • 日本銀行 コンプライアンス会議メンバー(1998年~)

◆ その他

  • 第三者委員会報告書格付け委員会 委員長
  • 一人一票実現国民会議 共同代表
  • ロースクールと法曹の未来を創る会 代表理事
  • 東京商工会議所経済法規委員会副委員長
  • 一般社団法人日本取締役協会 幹事
  • 一般社団法人日本ヘルスケア役員協会 理事長
  • NPO法人エンターテインメント・ロイヤーズ・ネットワーク 理事
  • NPO法人日本コーポレート・ガバナンス・ネットワーク シニア・アドバイザー
  • 弁護士知財ネット 理事 等

◆ 著作

(単行本のみ。全76冊から抜粋。雑誌論文、加除式出版は除く。)

最新刊     『破天荒弁護士クボリ伝』共著 日経BP社

担当コラム

  • 「わたしの一冊」 『財界(書評ページ)』

会社法関連

  • 経営の技法』共著 中央経済社
  • 『【専門訴訟講座7】会社訴訟-訴訟・非訟・仮処分-』 共著 民事法研究会
  • 『日本改造計画-ガバナンスの視点から』 商事法務
  • 『はしがきに見る企業法務の軌跡』 商事法務
  • 『想定外シナリオと危機管理-東電会見の失敗と教訓』 商事法務
  • 『株主に勝つ 株主が勝つ~プロキシファイトと総会運営』 共著 商事法務
  • 『株式会社の原点』 日経BP社
  • 『経営改革と法化の流れ』 商事法務
  • 『新しい株主総会のすべて〔改訂2版〕』共著 商事法務
  • 『新しい株主総会のすべて』共著 商事法務
  • 『コーポレートガバナンスと従業員』共著 東洋経済新報社
  • 『新訂 株主総会のすべて』共著 商事法務
  • 『委員会等設置会社への移行戦略』共著 商事法務
  • 『違法な経営はおやめなさい』東洋経済新報社
  • 『平成14年 商法改正のすべて』共著 商事法務
  • 『事業再構築~経営戦略の視点から~』共著 商事法務研究会
  • 『取締役の責任』共著 商事法務研究会
    ビデオ『コンプライアンス経営』日本経済新聞社
  • 『違法の経営遵法の経営』東洋経済新報社
  • 『法化社会へ日本が変わる』東洋経済新報社
  • 『代表訴訟は怖くない』共著 中央経済社
  • 『コーポレートガバナンス』共著 きんざい
  • 『新監査役監査の実際〔第2版〕』編著 中央経済社
  • 『株主代表訴訟と役員の責任』共著 商事法務研究会
  • 『M&A防衛法』共著 中央経済社
  • 『インサイダー取引規制と株主総会』商事法務研究会
  • 『ケースストーリー株主総会』日本経済新聞社
  • 『会社主導型株主総会のシナリオ』商事法務研究会

知的財産権関連

  • 『スポーツ法務の最前線-ビジネスと法の統合』エンターテインメント・ロイヤーズ・ネットワーク編 民事法研究会
  • 『デジタルコンテンツ法の最前線-発展するコンテンツビジネス』 監修/エンターテインメント・ロイヤーズ・ネットワーク編 商事法務
  • 『われら知財派』共著 ニューメディア
  • 『知財立国への道』共著 ぎょうせい
  • 『新版 著作権ビジネス最前線』共著 中央経済社

倒産法関連

  • 『倒産法実務事典』編集委員 きんざい
  • 『会社更生最前線』共著 ぎょうせい

司法/弁護士関連

  • 『久保利英明ロースクール講義』日経BP社
  • 『弁護士たった3万5000人で法治国家ですか-弁護士がいたら、泣き寝入りしないのに-』 ILS出版
  • 『ロースクールの挑戦』監修・共著 幻冬舎ルネッサンス
  • 『めざせロースクール、めざせ弁護士』共同執筆 阪急コミュニケーションズ
  • 『変革の中の弁護士』共著 有斐閣

生き方/人間像

  • 『志は高く目線は低く-未来を切り拓く若者たちへ』 財界研究所
  • 『「交渉上手」は生き上手』 講談社プラスアルファ新書
  • 『社長の決断が会社を守る!』日本経済新聞社 等

◆ セミナー・講演

セミナー開催会社、出版社、金融機関、クライアント等のご依頼で、役員や法務担当者に対し、30年以上にわたり、毎年30回以上、セミナーや講演会において講師を務める。

◆ 主な実績

『破天荒弁護士クボリ伝』(日経BP)
正義と信じるところに従って、ニーズを掘り起こし、命がけで戦う。
<やさしい心>と<柔らかい頭>と<勇気>の<3つのY>を大切に。

  1. 会社再建の神様と言われた早川種三管財人と共に倒産弁護士として、どんな会社が潰れ、どうしたら再生するかを実地で担当。
  2. エンタメ弁護士として、誰も手がけない分野に進出し、ニューミュージック業界のスター達の顧問弁護士として、著作権事件や音楽・映像関連事業に関与する。
  3. 総会対策弁護士として、年間1000億円を企業から荒稼ぎしていた総会屋と対峙し民営化企業を初めとして総会屋と絶縁する企業を体を張って守った。結果的に、総会屋は絶滅にいたる。
  4. バブル生成と崩壊に絡む、企業舎弟や反社会的集団による企業買い占めからの企業防衛。
  5. 正しいガバナンス意識(≠企業統治)とコンプライアンス意識(≠法令遵守)を企業に定着させる。
  6. 自ら社外取締役・社外監査役、経営管理委員としてガバナンスを強化する。
    (あおぞら銀行、野村ホールディングス、日本取引所グループ、農林中金、ソースネクストなど)
  7. 国家ガバナンスの是正のため、一人一票実現国民会議を創設して、共同代表に就任。2009年から2018年まで、7回の国政選挙に選挙無効訴訟提起。7度の最高裁大法廷判決を取得。
  8. 東京電力原発事故による被害を受けた農業各団体の損害賠償ADR請求。
  9. 日弁連において第三者委員会のガイドラインを確立。報告書格付け委員会を創設し、委員長に就任。
  10. 弁護士ドットコム、フィンテック(マネーフォワード)、仮想通貨(コインチェック)などのスタートアップ企業への顧問や社外取締役に就任。
  11. 医療・社会福祉法人改革における監査・監事の研修・人材紹介のための一般社団法人「日本ヘルスケア役員協会理事長」に就任。